名古屋市の施策から医療的ケアを必要とするお子さんとその家族の方の役に立つサポートをまとめました。

経済的サポート経済的サポートイメージ

障害児福祉手当

身体または精神に重度の障害を有する児童に障害児福祉手当を支給します。
※原則として認定診断書により認定します。

詳しく見る

特別児童扶養手当

身体または精神に障害を有する20歳未満の児童の身の回りの世話をしている親もしくは養育者に手当を支給します。
※原則として、認定診断書により認定します。

詳しく見る

愛知県在宅重度障害者手当

県内に住所を有する在宅の重度障害者に手当を支給します。

詳しく見る

重度障害者(児)給付金

在宅の重度障害者(児)に給付金を支給します。

詳しく見る

心身障害者扶養共済事業

障害児(者)の保護者が掛金を納付することにより、保護者が死亡したり、身体に著しい障害を有する状態となったときに、障害児(者)に年金が支給されます。加入できる口数は、障害児(者)1人につき2口までです。

詳しく見る

小児慢性特定疾病児童等医療費支給

小児期に小児がんなどの特定の疾病を患い、長期間の療養を必要とする児童がいるご家庭の負担軽減を図るため、都道府県・政令指定都市・中核市などが指定する指定医療機関における医療費の自己負担分の一部を支給します。

詳しく見る

自立支援医療(育成医療)給付

日常の起居動作に支障のある疾患を持つ児童および将来の独立した生活に支障となる身体的不自由を残すおそれのある児童に対して、指定医療機関において公費で医療給付を行います。

詳しく見る

前のページに戻る

PAGE TOP