放課後事業(留守家庭児童育成会運営助成)

留守家庭児童育成会運営助成として、名古屋市では以下の条件を満たす留守家庭児童育成会に対し、1支援単位あたり年額3,847千円の助成を行っています。

助成条件

学童保育において医療的ケア児(たん吸引、経管栄養、導尿、酸素吸入の症状を有し、医師などの診断により、医療的ケアが必要と認められた児童)の受け入れと、それに対応するために看護職員などを配置していること。
※直接保護者の方から申請をいただくサポートではなく、間接的なサポートになります。

問い合わせ先

受け入れについて

各留守家庭児童育成会(学童保育の実施主体)

※名古屋市公式ウェブサイトに区ごとの一覧を掲載しています。詳しくはこちらからご確認いただき、希望される育成会(学童保育所)と児童クラブへご連絡ください。

制度について

名古屋市子ども青少年局放課後事業推進室

前のページに戻る

PAGE TOP