小児慢性特定疾病児童等医療費支給

小児期に小児がんなどの特定の疾病を患い、長期間の療養を必要とする児童がいるご家庭の負担軽減を図るため、都道府県・政令指定都市・中核市などが指定する指定医療機関における医療費の自己負担分の一部を支給します。

対象者

保護者が名古屋市に住所を有する18歳未満の児童で、小児慢性特定疾病を患い、都道府県・政令指定都市・中核市などが指定する指定医により、疾病の程度が国の定める基準に該当すると診断された方が対象です。

承認期間は1年以内で、各年度末までとなります。引き続き治療が必要な場合は更新申請が必要です。なお、18歳到達時点において引き続き治療が必要であると認められた場合は、20歳到達の前日まで延長できます。
※具体的な疾病名及び各疾病の対象基準については、国の小児慢性特定疾病情報センターウェブサイトに掲載されていますので、ご参照ください。
https://www.shouman.jp/

申請方法

必要書類をそろえ、お住いの区の区役所福祉課(支所管内は支所区民福祉課)へ申請してください。
※医療意見書については、主治医(指定医)へ作成を依頼してください。

自己負担額

児童が加入している医療保険の被保険者の市民税所得割額などに応じて決定される金額または医療費総額の2割にあたる金額のどちらか低額となる金額を自己負担していただきます。

月額自己負担上限額が軽減になる場合

●小児慢性特定疾病重症患者認定基準に該当する方

●人工呼吸器等を装着している方
●「高額かつ長期」制度に該当する方 など

問い合わせ先

名古屋市子ども青少年局子育て支援課

052-972-2629

前のページに戻る

PAGE TOP